本日 119 人 - 昨日 205 人 - 累計 141615 人 サイトマップ

LINEいじめニュース③

  1. HOME >
  2. LINEいじめニュース③
2013年10月17日女性自身

LINE外しの恐怖
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”

スマホなどで通話料をかけずに、会話やチャットが楽しめる無料通話アプリ。なかでも、利用者が圧倒的に多いのは、国内の利用者が5200万人以上に上る無料通話アプリ「LINE(ライン)」。子供たちの間で急速に普及した結果、トラブルやいじめが相次いで起きている。「今や子供たちの間では、部活動の連絡網はLINEを使っています。LINEにつながっていないと、明日の集合時間もわからない。送られてくるメッセージを読むと『既読』と表示されるため、素早く返信しないと『既読無視』といわれ、学校で無視され、嫌がらせを受けてしまいます。これが、いじめを発生させる原因です」(「全国Webカウンセリング協議会」安川雅史理事長・以下同)「外し」に遭いたくない一心で、食事中もスマホを手放さなくなり、夜遅くまで友人と「LINE漬け」になる。寝不足からの体調不良で、「やめたい」と思っても、一人だけ抜けられないので依存の状態に陥ってしまうという。
「いじめは目の前に人がいるので、人間の本性としての歯止めがかかることもありますが、スマホの中のいじめは、指一本で操作できるので、感情的になるとブレーキがかからなくなります。また、1対1、グループ内という閉ざされた空間では、いじめそのものが発覚しにくいのです」LINE株式会社が、「外し」の相手が特定されるなどの対策を講じると、いじめの相談は減少した。だが、それに代わり、むりやり服を脱がされて撮られた写真や動画をLINEの仲間に配られて、笑いものにされたといった被害相談が目立つようになったという。「ある高校の修学旅行で女子生徒が隠れてたばこを吸っているところを男子生徒に見つかってしまい、『バラされたくなかったら女風呂の写真を撮ってこい』と脅された。隠し撮りした画像はLINE上に出回ってしまい、男子生徒は退学に、女子生徒は不登校になってしまいました」山陰地方のある中学校では今年初め、男子生徒が女子生徒の顔写真に自分の裸を合成してLINEで公開。女子生徒はショックで一時不登校になってしまったという。LINEは発信したメッセージは削除できない。一度出回った画像も消すことはできない。ほんのおふざけでも、人生を棒に振ってしまうこともありえるのだ。


画像安川雅史の深層心理テスト

安川雅史の深層心理テスト2



2013年9月13日  東京新聞   

<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて          

 スマートフォンなどの無料メールアプリ「LINE(ライン)」で、中高生の間に広がる「ラインいじめ」。クラスや部活などのグループでメッセージをやりとりする中で、一人だけ仲間外れにされるなどの嫌がらせがある。夏休み明けは、いじめが深刻化している場合も。ネットいじめに詳しい「全国webカウンセリング協議会」(東京都港区)安川雅史理事長に、現状と対策を聞いた。 関東地方に住む高校一年生サエコさん(仮名)は、クラスの友人とラインをしている。今年五月ごろから、発言すると、ほかの子が全く違う話題を切り出し、明らかにサエコさんを無視した会話が続くようになった。学校でも、無視されるように。ラインでのやりとりが話題になった時も、知らない内容ばかり。自分だけが入っていない新しいライングループがつくられていて、そこでみんな盛り上がっていることが分かった。「ラインがつらい。でも、今やっているラインもやめると、本当に孤立してしまう」
     ◇
「自分だけ外されている」「強制退会させられた」-。全国webカウンセリング協議会には今年に入り、「ラインはずし」に関する相談が急増した。ラインでは、グループのメンバーを勝手に退会させることができる。昨年十一月、運営会社によって、誰が退会させたか分かるよう対策が講じられた後は、一人だけ除いて、別のグループがつくられるケースが増えたという。
 相談は中高生からが九割以上。中でも高校一、二年生が多い。メッセージを読んでもすぐに返信をしない「既読無視」や、空気を読んでいない発言、空気を読んでいないスタンプ-などがきっかけになることも。「今のいじめの風潮は、一対一ではなく集団対一人。一対一でやりとりするメールと違って、ラインはいじめにぴったりのツール」と、理事長の安川雅史さん。あえてからかいやすい子をグループに入れる場合もある。
 ラインは常につながっているため、学校での気詰まりが帰宅しても、不登校になっても続く。夏休み中でも続き、休みを境に学校での人間関係が変わっていることも。
 ラインを禁止している学校もあるが、「子どもたちは隠れてもやる。禁止していると、逆にトラブルが起きた時に先生に相談しにくくなる。安易な禁止で、問題解決を図ろうとするのは大間違い」と安川雅史さん。
 ラインをきっかけにしたトラブルに巻き込まれないよう、まずは基本設定を。メンバーが多ければ、その分トラブルも増える。電話帳に登録している人を自動的に「友だち」に追加したり、自分のIDがほかのユーザーから検索されたりする設定をオフにして、本当に仲のいい子だけでするようにさせたい。
 誰かが新しいスタンプを使い始めると、ほかの子も影響を受けがち。課金が増えるので、「みんなで無料スタンプだけ使おうね」と約束させる。「ご飯の時はしない」「勉強の邪魔をしない」-など、友達と話し合ってルールを決めさせることも必要だ。
<LINE> 無料でメールや通話ができるアプリ。電話帳データを使用できる設定にすると、電話帳に登録された人の中から同じアプリを使う人を探してやりとりできる。感情を表すイラスト「スタンプ」で、ニュアンスを伝えやすい。
 運営会社によると、「既読」表示は、東日本大震災後、すぐに返信できない災害時の安否確認にも役立つとして設けられた。アプリは全世界で利用されているが、日本以外では、いじめに使われているという報告はないという。

2013年9月13日 リクナビ進学ジャーナル

悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?

●大人の目につかなくなっている学校裏サイト
ネットの掲示板に悪口を書き込まれる、個人情報をネット上で拡散される…。
こうした「ネットいじめ」は、高校生にとって身近で深刻な問題。最近は対策に取り組む学校も増えており、表向きは問題のある書き込みが減るなど一定の成果を挙げているケースもあるが…。
ネットいじめ問題に取り組む全国webカウンセリング協議会の安川雅史さんは次のように指摘する。
「いじめる側も考えていますから、先生たちにみつからないようなかたちで新しい掲示板を作っている。実質は、減っているのではなく、大人の目につかなくなっているだけなんです」
●LINEが原因でいじめにつながるケースも
ネットいじめの原因は多くがささいなことだ。SNSやオンラインゲームでのやりとりがそのきっかけになることも多い。最近では、LINEでのコミュニケーションが原因になるケースが目立っている。

「既読なのに返信が来ないからと無視されるようになった、自分を外したLINEグループを作られたなどの相談も私たちのもとに多数寄せられています」

LINEのグループトーク内でのいじめはWebサイトと違って外部からはチェックできない。また、友達同士でグループを作っていることが多いため、そのいじめはリアルな生活にも直結してしまう。

●パスワードは簡単に外されてしまう
一方、ネットいじめの怖さは、仲間内やクラス内だけでとどまらないところにもある。今やいじめる側は知り合いばかりとは限らないのだ。

例えば、最近増えているのが、飲酒、喫煙、バイト先でのいたずらなどの画像や書き込みが個人情報と一緒にさらされて不特定多数からのバッシングにつながるケース。エスカレートすると、学校にクレームが入る、住所が特定されるといった事態に発展することもある。

「友達とだけやりとりをしている感覚でSNSに、個人情報やプライベート画像、他人の悪口などを書き込むのは非常に危険なのです。また、パスワードをかけているから大丈夫と思っていても、ネットにさらすためのネタ探しをしている人間は、パスワードなど簡単に外してしまいます」

●個人情報などを不用意に書き込むのはNG
全国webカウンセリング協議会では、被害者からの依頼で、悪質な書き込みの削除に無料で取り組んでいるが、ネット上に拡散した情報を完全に消すことは非常に難しいという。場合によっては、一生その書き込みにつきまとわれることに…。

万が一、ネット上に自分への誹謗中傷や個人情報を書き込まれた場合は、とにかく学校や行政などにすぐに相談するべき。この6月にはいじめ防止法が公布され、ネットいじめに関しても、法務局の協力が得られるなど、以前と比べれば被害者を守る体制は整ってきた。

しかし、それ以上に大切なのはネット上に不用意な書き込みをしないことだと安川雅史さんは指摘する。

「あなたがSNSやプロフに書き込んだこと、アップした画像は世界中に公開されている。それを常に意識してネットを利用するようにしましょう」

この基本を徹底することが、ネットいじめから身を守るための最善策なのだ。


◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp
理事長 安川雅史

画像子どものスマホトラブル対応ガイド
子どものスマホ・トラブル対応ガイド
フリースクールみらいのつぼみ
画像高校生問題行動等防止推進事業 自分で考えるプロジェクト


全国webカウンセリング協議会安川雅史関連記事

夏休み明けが危ない!LINEいじめに疲弊する子どもたち


2013年9月13日(金)リクナビ進学ジャーナル 悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?


2013年8月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界

2013年8月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に

2013年8月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」


わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

2013年2月1日(金)WEDGE「悪質化するネットいじめ

想像を超えたネットいじめの世界

10代のネットいじめを追う

学校裏サイトの現実

ネットいじめに支援の輪

全国webカウンセリング協議会安川雅史理事長に聞く

ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

広がる“リベンジポルノ”

わが子をストーカーからどう守る

リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに


誰も見ていないなら何をやってもいいのか?

危うい”プライベート画像”交換

子どもとインターネット~安全に利用するために~

LINEいじめが深刻化「面倒くさい」に仕返し、少女4人逮捕

LINEいじめまとめ記事


ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え


画像スマホの落とし穴
携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。

■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ブログ

心理療法カウンセラー安川雅史のブログ


■全国webカウンセリング協議会関連ホームページ

全国webカウンセリング協議会の各種講座

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会活動内容

いじめ対策全国webカウンセリング協議会

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座

全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定

全国webカウンセリング協議会紹介

全国webカウンセリング協議会設立

不登校・ひきこもり対策

LINEいじめ対策

リベンジポルノ対策

画像フリースクールみらいのつぼみ

■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ホームページ
安川雅史ホームページ


■全国webカウンセリング協議会公式ホームページ
全国webカウンセリング協議会