本日 119 人 - 昨日 205 人 - 累計 141615 人 サイトマップ

LINE事件ニュース2014

  1. HOME >
  2. LINE事件ニュース2014
2014年10月

●「LINEいじめ」も 千葉 中1女子自殺未遂
2014年10月31日
千葉県我孫子市の市立中学1年の女子生徒(13)が2014年8月、学校でのいじめを理由に2度にわたり自殺を図っていたことが2014年10月31日、関係者への取材で分かった。学校や我孫子市教育委員会は、陰口などの行為を認め、加害生徒とともに女子生徒側に謝罪したが、いじめに当たるか、自殺との関係は調査中という。謝罪後もいわゆる「LINEいじめ」があったといい、女子生徒は登校しているが教室には行っていない。女子生徒の両親によると、女子生徒は2014年8月18日の夕方、自室で「死にたい」などと記した日記を残し、カッターで右手首を切ろうとしたところを両親が発見。2014年10月22日夕方、母親の携帯電話に「ママごめんなさい。もう消える」などとメールを送信。両親が付近を探したところ、自宅近くの公共施設で、カッターの刃を右手首に当てている女子生徒を発見した。両親が制止したため、女子生徒にけがはなかった。両親らによると、女子生徒はこ2014年5月〜8月ごろまでの間、所属する運動部の同級生の女子部員から日常的に「うざいんだよ」「(部活を)早く辞めろよ」などと陰口を言われていたという。女子生徒が体調不良で部活を休んでいる間にロッカーの名札が外されていたり、用具が格差trていたこともあった。
女子生徒は、8月上旬に退部した。両親はいじめがあったとして学校に調査を要求。学校によると、自殺未遂の後、部員に聞き取り調査を実施し、陰口などの事実を認め、2014年8月末、校長ら教員と1年の女子部員8人が女子生徒と両親に謝罪。しかし、その後も、2014年9月末には女子部員により「LINE」で「(女子生徒を)突き落とそーぜ」「地獄行きだな」などと書き込まれているという。学校、市教委は「双方の言い分が食い違っているので、現時点ではいじめと断定できない」としている。女子生徒と両親は「学校と市教委側から、聞き取り調査の結果など、きちんとした説明を受けていない。納得できない」と再度調査を求めている。
●LINEでいじめも、中3男子自殺熊本市教委がいじめ再調査 
2014年10月30日
熊本市立中3年の男子生徒が2014年7月、いじめを苦に自殺を図った。
熊本市教育委員会は2014年10月30日、いじめの事実や自殺未遂との因果関係を、市教委が常設する「いじめ防止等対策委員会」で再調査する意向を示した。男子生徒をめぐっては学校が設けた調査委員会が2014年9月、自殺未遂後、学校は調査委員会を設置。保護者が要望した2013年9〜12月の同級生とのトラブル3件を調べた。その結果、運動部の部活動で顧問教諭からしかられたことをめぐって同級生の男子生徒からLINEを通じて「ざまあみろ」と言われたことなどについて、2014年9月にいじめと認定。1年のころのいじめは解決済みとし、調査対象を2年だった2013年9〜12月に限っていた。市教委は「学校の調査結果に保護者の納得が得られていない」として、1〜3年まで幅広くいじめの実態を再度調べる考え。特に3年になってからは、自殺未遂につながる状況や原因がなかったか検証する。再調査には、いじめ防止対策推進法に基づいて市教委が4月設置した、学識者や弁護士ら第三者によるいじめ防止等対策委員会を充てる方針。自殺未遂前の2014年6月、生徒が携帯電話のメ
ールに「先立つ不孝をお許しください。毎日生きているのがとてもつらかった」などと記しているのを保護者が見つけ、学校に相談していた。男子生徒は2014年7月、多量の薬を飲むなど自宅で自殺を図り、救急搬送された。現在は登校できる心理状態にない。市教委の再調査方針について、男子生徒の保護者は、原因を究明してほしいが、そもそも深刻な事態になる前にいじめを止めてほしかった。と話している。市教委は2014年10月30日、会見を開き、杉原哲郎次長が「今も苦しみ、登校できない生徒や保護者の気持ちを考えると心が傷み、大変申し訳ない」と謝罪。
●熊本、高1女子生徒がLINEいじめで自殺 
2014年10月22日
熊本県立熊本商業高校 1 年の女子生徒が2013年8月、いじめを受け自殺していた事が2014年10月22日明らかとなった。熊本県教育委員会によると女子生徒は、2013年4月に入学し、寮に入ったが、無料通話アプリ「 LINE 」で雑用などを押し付けられるなどのトラブルをきっかけに身体的な暴力を示唆する書き込みなどが行われた。女子生徒は保護者に相談し、学校側が話し合いでの解決をするように指導したが、嫌がらせの書き込みが続き、2013年の8月17日に帰省中の自宅で自殺した。遺書などは無かったという。また、保護者からの刑事告訴を受けた熊本県警は2014年8月に同級生を地検へ送検し、家庭裁判所に送致された。
2013年5月、LINEで同級生から風呂や食事の準備などの当番を押し付けられたことに不満を漏らす書き込みをした。その後、両者の関係が悪化してトラブルになった。同級生は、女子生徒の私物を隠したり、携帯電話を無断で使ったりした他、中学校の卒業アルバムに落書きをしたこともあった。LINEには女子生徒を呼び出すために「出てこい」と書いたり、身体に危害を加えることをほのめかす「レスキュー隊を呼んでおけ」と書いたりしていた。女子生徒は「いじめがエスカレートしている」と母親に相談。対応を求められた学校は、生徒同士を話し合わせるなどして両者が和解したと認識していたが、女子生徒は2013年8月17日、夏休みで帰省していた自宅で自殺した。遺書はなかった。遺族がいじめなどの事実関係の確認を求めたことを受け、学校は同月中に校内に調査委員会を設置。教諭や生徒らから聞き取り調査をし、今年9月にまとめた中間報告書で同級生による脅迫めいたLINEの書き込みなどの行為4件をいじめと認定した。記者会見した学校長は「LINEのトラブルについて校内の報告・連絡・相談体制がうまく機能しなかったことを痛切に反省している。自殺に至る状況について今後も必要な調査をし、ご遺族の意向に沿った対応を真摯に継続する。1人で悩み苦しんでいたことに、学校として気付くことができなかったことは、ご遺族に対して心からおわび申し上げます」と話した。

2014年7月 

●LINEでトラブル 自殺?高2死亡で青森県教委
青森県八戸市の県立高校2年の女子生徒(17)が死亡し、いじめを苦にした自殺だったとして両親が調査を求めている問題で、県教育委員会は24日までに、女子生徒が1年生のときに同級生数人と無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりし、トラブルがあったことを明らかにした。死亡との因果関係は不明としている。学校によると、女子生徒は同級生数人のグループでLINEなどのやりとりをしていたが、何らかの原因でグループを離れたという。学校は23日夜、保護者説明会で経緯を説明。終了後、校長は記者団に対し「重く受け止めている。いじめが原因かどうかはこれからの調査で判断したい」と話した。既に一部生徒から聞き取り調査したが「いじめと判断できるものはなかった」としている。
 県教委は今後、学校側の対応を踏まえて、第三者機関による調査を検討する方針。
●LINE:福岡で少年ら決闘約束 見物に100人集合
無料通信アプリ「LINE(ライン)」で約束して決闘したとして、福岡・中央署は24日、福岡市のアルバイトの少年(15)ら13人を決闘容疑で福岡地検に書類送検した。13人は事件当時、四つの学校に通う中学3年生で、全員容疑を認めているという。
 送検容疑は、福岡市のアルバイトの少年と福岡県粕屋郡の男子高校生(15)がLINEのメッセージ機能などを使って「出てこいよ」「大濠でやろう」などと決闘を約束。2013年11月16日午後3時15分ごろ〜同4時35分ごろ、同市中央区の舞鶴公園などで2人の同級生ら12人が決闘し、1人が立ち会ったとしている。12人のうち1人が小指骨折の重傷で、他の11人は軽傷だった。
●LINE:同級生に無理やり脱がされた動画や画像流される
 山口県下関市の公立中学校に通う中学2年の男子生徒(13)が昨年6月ごろと今年1月の2回、同級生らから下半身を露出した動画や画像を撮影され、携帯電話の無料通信アプリ「LINE(ライン)」とメールで他の同級生らに送信されていたことが分かった。市教委によると、男子生徒は今年1月、部活動の練習後に上級生から「ズボンを脱いでこっちにこい」と命令され、下半身が露出した状態で歩いている様子を動画で撮影された。動画はラインに掲載され、8人が閲覧可能な状態だったという。また、昨年6月ごろには校内のトイレで、トイレットペーパーがなかったため男子生徒が下半身を出した状態で個室から出たところを同級生が撮影し、画像をメールで別の同級生に送信した。メールを受けた生徒はさらに他の同級生6人にメール送信したという。今年6月、メールを受けた生徒から学校に相談があり発覚した。動画は端末から削除され、画像も生徒が各自で削除し、外部には流出していないという。男子生徒は通常通り学校に通っている。市教委は「あってはならないこと。家庭と一体となって情報モラルの教育を徹底したい」としている。

2014年6月

●長崎・中3自殺:「読み飛ばし」町教育長が両親に謝罪
長崎県新上五島町で1月、いじめを受けていた町立奈良尾中3年の松竹景虎(かげとら)君(当時15歳)が自殺した問題で、道津利明・町教育長が27日、自殺から16日後に両親に調査報告書を読み上げた際、いじめを示唆する部分を意図的に読み飛ばしたことについて両親に謝罪した。
◇父親「理解できない」
道津教育長は同校で両親と面会し「不愉快な思いをさせ、心からおわび申し上げます」と陳謝。「お子さんが亡くなられてから日にちがたっていないご遺族の心情に配慮し、あまりにも生々しい内容だったので意図的に飛ばした。報告書を手渡すつもりだったが、渡す機会を失ってしまった」と釈明した。松竹君の父裕之さん(50)は「理解できない。読み飛ばしのせいでいじめがあったと気づくのが大幅に遅れた」と抗議した。
 松竹君は1月8日に自殺した。道津教育長は同24日、学校側が実施した生徒へのアンケートや聞き取りを受けてまとめた調査報告書を両親に読み上げた際、「(松竹君が無料通信アプリ『LINE=ライン』で自殺の)用意ができていると友人に伝え、ビニールひもの写真を見せている」などの記載があったのに読み飛ばした。報告書は両親に渡されず、自殺から1カ月以上後に開示され、両親の問い合わせで読み飛ばしが発覚した。
●女子中学生を拉致監禁容疑=知人LINE無視に立腹-少年3人を逮捕・警視庁
同課によると、少年は女子生徒と交際していた知人男性(21)がLINEを無視したり、アカウントを変更したりしたことに憤慨。暴行しようと考え、女子生徒を人質にして呼び出したという。

2014年5月

●ロープ写真、LINEに投稿 自殺の中3男子 長崎
同級生からいじめを受けていた長崎県新上五島町の町立中学3年の男子生徒が1月、首をつり自殺した問題で、生徒が自殺前、無料通話アプリ「LINE(ライン)」に「一番楽な自殺方法わかる?」と書き込み、自作のロープの写真を載せていたことがわかった。町教育委員会が28日、記者会見で明らかにした。自殺したのは松竹景虎君(当時15)。町教委によると、松竹君は昨年11~12月、ラインに「嫌われすぎて自殺のサイトを見た」「自殺の方法は調べ尽くした」などと書いていた。「自分は本気。一番楽な自殺方法わかる?」との書き込みもあり、友人は「そんなの知らなくていい」と返信。その前後に、何本かの白いビニールひもをより合わせて作ったロープの写真を載せていた。松竹君とラインでやりとりした友人は学校の調査に「うそだろ、と思っていた」と話したという。ロープが実際に自殺に使われたものかは不明だという。松竹君はクラスのリーダー的存在で、同級生に勉強を教えたりすることもあった。自殺後、同級生を対象にした学校の調査で「上から目線でものを言うから、うざいと言い返した」などの回答があったという。松竹君は1月8日、ラインに最後に「さようなら」と書き込んだ後、自宅近くの町営グラウンドで首をつって亡くなっているのが見つかった。

2014年4月

●LINEを使って女性の裸の画像を送らせ、写真を使って恐喝し現金を奪う
栃木県で男がLINE上で20代の女性を脅して現金を奪った。2人は出会い系サイトを通じて知り合い、LINEでやり取り。女性は、男の要求に応じて裸の画像を男に送った。
●AV男優がなぜ女子中生とLINEで知り合い恐喝
インターネットを介して男と知り合い、犯罪被害に遭う女性が後を絶たない。かつてはネット掲示板がその舞台だったが、今ではフェイスブックやLINE、ツイッター、ミクシィなど新たな手段へと広がっている。利便性は高いが、顔の知らない者同士がつながることで、さまざまな危険性もはらんでいる。4月7日、栃木県警宇都宮東署は、中学3年の少女にみだらな行為をしたとして、埼玉県青少年健全育成条例違反容疑で、東京都内のAV男優の男(34)を逮捕。男と少女は昨年末に無料通信アプリLINEを通じて知り合った。やりとりを続けるうちに「直接会おう」という話になり、2月23日に埼玉県内で初めて顔を合わせ、さいたま市内のホテルでみだらな行為に及んだ。男は4月17日に略式起訴され、同日付で罰金30万円が言い渡された。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるインターネットのサービス。距離や時間に関係なく、人とコミュニケーションが取れる。加害者の男と被害者の女子中学生も無料通信アプリLINEを通じて知り合った。今回の事件の場合、男が言葉巧みに少女を誘い出すというイメージが先行するが、少女がAV男優と知り合うきっかけは何だったのか?考えられるのは昨年7月、この男がBS放送のバラエティー番組に出演したことだ。番組の内容がインターネット上で話題となり、それまで男の名前を知らなかった女性や未成年者たちが、男のことを知るようになった。取り調べで、男は「番組出演以降、ツイッターなどを通じて、女性から誘いが来ることが多くなった」と話したといい、「若い子に興味があった」とも話しており、多くの誘いの中から少女を見つけ出したのかもしれない。LINEを通じて男と知り合った少女は2月23日、栃木県から埼玉県まで会いに出かけた。事情を知らない両親は、夜遅くなっても帰宅しない娘を心配して警察に届け出た。翌日、帰宅した少女から警察が事情を聴き、男との関係が発覚した。男は罰金刑を言い渡された後、ツイッターに「自分のしたことは決して許されることではありません。自分は甘かったと思います」と反省の言葉を書き込んだ。今回の事件はインターネットを中心に話題となり、多くの人が知ることとなったが、SNSが絡む事件は多い。4月24日、栃木県内で、男がLINE上で20代の女性を脅して現金を奪ったとして、恐喝容疑で逮捕された。2人は出会い系サイトを通じて知り合い、LINEでやり取りをするうちに親密となり、女性は、男の要求に応じて裸の画像を男に送るなどしていた。女性が金銭の要求を断ると男の態度は一変。「写真や動画をほかのやつに売る」と脅し、5万円を振り込ませた。
 捜査関係者は「顔の見えない相手を安易に信用せず、親は子供の携帯電話などに閲覧制限(フィルタリング)をかけるなど注意をしてほしい」と呼び掛けている。

2014年2月

●慶大生が「死ねよ」ラインで強要、交際女性を自殺させる 逮捕 警視庁
交際相手の女性に「死ねよ」などとメッセージを送信して自殺させたとして、警視庁三田署は、自殺教唆の疑いで、川崎市中原区木月住吉町、慶應義塾大学3年、渡辺泰周容疑者(21)を逮捕した。同署によると、「間違いない」と容疑を認めている。逮捕容疑は昨年11月8日、交際中だった東京都港区の女性=当時(21)=に携帯電話の無料通信アプリLINE(ライン)で「お願いだから死んでくれ」、「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」などとメッセージを送信し、自殺させたとしている。女性は翌9日午前5時ごろ、マンション8階の自宅ベランダから飛び降りて死亡。遺書が残されていたほか、飛び降りる直前に知人らにメールなどで「死にたい」と漏らしていた。2日後の11日、ツイッターに女性が自殺させられたことを示唆する書き込みがあるとの匿名の電話が同署にあり、捜査していた。同署によると、渡辺容疑者は女性と1年以上交際していたが、昨年11月に別れ話が持ち上がっていたといい、同署が詳しい経緯を調べている。
広島県では2月、部活動でウソの集合場所を伝えられるなど、LINEを通じていじめを受けていた高1の男子生徒が自殺した。
●広島県で部活動でウソの集合場所を伝えられるなど、LINEを通じていじめを受けていた高1の男子生徒が自殺
2014年2月26日、広島県の県立総合技術高校の野球部1年の男子生徒(16)が自殺した。生徒は入学当初から持病やけがのために野球部の練習を休みがちで、他の1年生部員からLINEで「休む本当の理由は何か」などと問いただされていたという。また、部員間のLINEのグループから勝手に退会させられたことがあった。練習試合の際、うその集合場所を伝えられたこともあった。学校はこれらのLINE上のやりとりなどをいじめと判断した。2011年のセンバツに出場した同校野球部は、生徒の自殺以降、練習を自粛している。 男子生徒の両親は「これ以上責任を追及する気はないが、いじめは遊び半分のつもりでも、受ける方には重いと分かってほしい」と話した。

2014年1月

●医師装いわいせつ画像要求、ブログ掲載容疑で会社役員逮捕
医師に成り済まし、結婚を望む女性にわいせつな画像を要求し、入手後にブログに掲載したとして、奈良県警生活環境課は16日、わいせつ電磁的記録・記録媒体陳列の疑いで、神戸市の医療機器メーカー「メディックス」代表取締役京原宏明容疑者(41)=兵庫県芦屋市=を逮捕した。逮捕容疑は昨年9月、奈良県の30代女性のわいせつな画像6点を自分のブログに公開した疑い。 同課によると、京原容疑者は女性と約8年前から知り合いだったが、昨年6月、結婚相手を紹介すると持ち掛け、自ら架空の医師を装い無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりを始めた。スマートフォンを2台所持。医師として連絡を取る一方、女性の恋愛相談に乗っていた。同課は女性の感情を利用し、わいせつな動画や画像を要求したとみて調べる。画像の公開は、医師と信じて直接会いたいと求めた女性と、LINEでけんかしたことがきっかけだったという。画像掲載に気が付いた女性が昨年9月、奈良県警に相談。県警は京原容疑者のブログを閲覧できないように対応した。
●<恐喝未遂>LINEで元交際相手に「サラ金でローン組め」
無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って元交際相手を脅したとして、警視庁八王子署は12日、千葉市中央区仁戸名町、無職、野村勇太容疑者(30)を脅迫と恐喝未遂容疑で逮捕した。大筋で容疑を認めているという。逮捕容疑は昨年12月28日、相模原市に住む20代の女性会社員の自宅に押しかけ「お前の周りにいる人間を消してやる」と脅したほか、同30日から31日未明にかけてLINEで「サラ金でローンを組め」「お前をつけ回して殺す。先輩や家族も殺してやる」などとメッセージを送り、現金を脅し取ろうとしたとしている。同署によると、女性とは昨年11月下旬に出会い系アプリを通じて知り合い、12月3日に交際を始めた。野村容疑者から「仕事をクビになったので金を貸して」と頼まれ、女性は15万円を送金。その後も現金の無心が続いたため、嫌気が差した女性が別れを切り出すと脅迫を始めたという。女性が今月2日、警視庁のストーカー・DV総合対策本部に相談し、逮捕につながった。

全国webカウンセリング協議会 安川雅史

◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

〒105ー0014

東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階

TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918

URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp

理事長 安川雅史

画像安川雅史の深層心理テスト

安川雅史の深層心理テスト2


画像フリースクールみらいのつぼみ

画像スマホの落とし穴
携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。
画像高校生問題行動等防止推進事業 自分で考えるプロジェクト

全国webカウンセリング協議会安川雅史関連記事

夏休み明けが危ない!LINEいじめに疲弊する子どもたち


2013年9月13日(金)リクナビ進学ジャーナル 悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?


2013年8月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界

2013年8月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に

2013年8月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」

わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

2013年2月1日(金)WEDGE「悪質化するネットいじめ

想像を超えたネットいじめの世界

10代のネットいじめを追う

学校裏サイトの現実

ネットいじめに支援の輪

全国webカウンセリング協議会安川雅史理事長に聞く

ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

広がる“リベンジポルノ”

わが子をストーカーからどう守る

リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに


誰も見ていないなら何をやってもいいのか?



■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ブログ

心理療法カウンセラー安川雅史のブログ


■全国webカウンセリング協議会関連ホームページ

全国webカウンセリング協議会の各種講座

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会活動内容

いじめ対策全国webカウンセリング協議会

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座

全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定

全国webカウンセリング協議会紹介

全国webカウンセリング協議会設立

ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え


不登校・ひきこもり対策

LINEいじめ対策

リベンジポルノ対策

■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ホームページ
安川雅史ホームページ


■全国webカウンセリング協議会公式ホームページ
全国webカウンセリング協議会
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918

全国webカウンセリング協議会
お問い合わせ時間
平日10時から16時(祝祭日及び年末年始を除く)
画像子どものスマホトラブル対応ガイド
子どものスマホ・トラブル対応ガイド