本日 124 人 - 昨日 170 人 - 累計 116282 人 サイトマップ

ウイルスの脅威「個人情報の守り方」

  1. HOME >
  2. ウイルスの脅威「個人情報の守り方」
ウイルスの脅威

全国webカウンセリング協議会 安川雅史

スマホは、パソコンと同じようにウイルスの脅威にさらされています。不正アプリは、スマホ内の情報を盗み出す目的で作られています。Android向けの不正アプリは増加傾向にあり、2014年の第1四半期(3か月間)で75万件以上が発見され、累積では400万件に近づこうとしている(全世界の統計)。ジャンルとしては、ゲームが圧倒的に多く、次にツール系のアプリが増えてきています。情報を盗み出すことを目的とした不正アプリが全体の92.7%を占めていることもわかりました。このタイプの不正アプリをインストールしてしまうと、電話番号やメールアドレスなどの端末内の個人情報や、画像、電話帳のデータ、端末の位置情報などを盗み出されてしまう可能性があります。トレンドマイクロの調査では、Android端末向けの公式マーケットであるGoogle Playの人気無料アプリ上位50件のうち、約80%のアプリについて偽アプリの存在が確認されています。「GooglePlay」では、アプリを作り登録するだけで身元確認さえできれば誰でも自由に数時間でアプリをアップロードすることができます。iPhoneのアプリは厳しい審査がありますが、アンドロイドケータイは身元確認くらいです。アンドロイドケータイでアプリを利用する場合、新たにアップロードされたアプリは、アプリの評判や、運営サイトなどもチェックしてからダウンロードしなければなりません。不安な場合は、au、ドコモ、ソフトバンクの公認アプリや「Amazon Appstore」から選ぶといいでしょう。2014年の10月には、Appleの公式マーケットであるApp Store上でもオリジナルと同額で販売される偽アプリが見つかっています。セキュリティソフトを使えば、不正アプリの侵入経路となるスパムメールや不正Webサイトへのアクセスを未然にブロックしてくれます。また、インストールするアプリの安全性を事前にチェックし、情報を漏らす可能性がある場合には警告してくれます。ソフトによっては、インストール済みのアプリの危険度を判別してくれるものもあります。不正アプリの脅威から身を守り友達の情報を守るためにも信頼のおけるウイルス対策のソフトを入れるべきです。

個人情報の守り方

セキュリティ会社のRisk IQの調査によると、Google Play上での不正アプリの数が2011年から2013年にかけて388%増加したと発表されました。アプリをダウンロードしていると思ったら、自身のプロフィール、クレジットカード番号、画像、通話履歴などの情報が盗まれていたということです。2012年には、ウイルスを仕込まれて東京、大阪、愛知、福岡、三重といった全国各地の男性が被害に遭い、誤認逮捕されました。変なウイルスを取り入れてしまうと、今度は自分がそういう目に遭う危険性があります。ですから、きちんとウイルス対策のソフトを入れる必要があります。ウイルスはフィルタリングだけでは防御できません。スマホを子どもに持たせるということは、個人情報の宝庫を子どもたちが持つということです。きちんとしたウイルス対策のソフトを入れなければ、その情報を盗まれるかもしれないのです。無料ウイルス対策ソフトを使っているという人がいますが、実はそのアプリ自体が不正アプリで、ダウンロードのボタンを押したら、情報を盗まれていたケースもあります。ウイルスから身を守るためには、信頼できるものか、携帯電話事業者が推奨しているものを入れるべきです。そして、一度入れたからと安心してはいけません。いろいろなウイルスが新たに作られますから、1年ごとにソフトを新しいものに更新していかなければならない。厄介でも、個人情報を守るためには、それくらいの覚悟が必要なのです。

◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp
理事長 安川雅史

画像安川雅史の深層心理テスト

安川雅史の深層心理テスト2


画像子どものスマホトラブル対応ガイド
子どものスマホ・トラブル対応ガイド
画像フリースクールみらいのつぼみ
画像スマホの落とし穴
携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。
画像高校生問題行動等防止推進事業 自分で考えるプロジェクト


全国webカウンセリング協議会安川雅史関連記事

2013年9月13日(金)東京新聞 子どもとネット「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて

2013年8月30日(金)東京新聞 子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

東京新聞ネット依存の子どもたち<上>「つながり」に縛られ

東京新聞ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

2013年9月13日(金)リクナビ進学ジャーナル 悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?


2013年8月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界

2013年8月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に

2013年8月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」


わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

2013年2月1日(金)WEDGE「悪質化するネットいじめ

想像を超えたネットいじめの世界

10代のネットいじめを追う

学校裏サイトの現実

ネットいじめに支援の輪

全国webカウンセリング協議会安川雅史理事長に聞く

ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

広がる“リベンジポルノ”

わが子をストーカーからどう守る

リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに


誰も見ていないなら何をやってもいいのか?

危うい”プライベート画像”交換

子どもとインターネット~安全に利用するために~

LINEいじめが深刻化「面倒くさい」に仕返し、少女4人逮捕

LINEいじめまとめ記事


ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え




■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ブログ

心理療法カウンセラー安川雅史のブログ


■全国webカウンセリング協議会関連ホームページ

全国webカウンセリング協議会の各種講座

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会活動内容

いじめ対策全国webカウンセリング協議会

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座

全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定

全国webカウンセリング協議会紹介

全国webカウンセリング協議会設立

不登校・ひきこもり対策

LINEいじめ対策

リベンジポルノ対策

■全国webカウンセリング協議会安川雅史公式ホームページ
安川雅史ホームページ


■全国webカウンセリング協議会公式ホームページ
全国webカウンセリング協議会