本日 7 人 - 昨日 212 人 - 累計 145808 人 サイトマップ
2013年8月

●飲食店内の冷蔵庫に入り込んでいる写真を「バイトなう」などとコメント付きでツイート、炎上。ブロンコビリーが謝罪し足立梅島店の閉店を決定。アルバイト従業員を解雇し損害賠償を請求を検討
●丸源ラーメンのアルバイトが冷凍庫内のソーセージをくわえて炎上。店舗の食材を廃棄し、冷凍庫内の消毒。当該店舗休業。従業員に厳正な対応。不適切な行為を行った従業員を解雇処分
●埼玉県のミニストップ店員がM字開脚して自分の股間をスキャンしてる姿をアップして炎上。ミニストップから刑事告訴される。事件後もアカウントを消さず、無修正画像を貼り続ける。
●愛知県の「ほっともっと」店員が冷蔵庫の中で寝る写真を公開し炎上
●東京都の「バーガーキング」店員、大量のバンズに寝そべる写真公開し炎上。運営会社が謝罪、店員に厳重処分。社内のSNSのガイドラインに損害賠償を請求する可能性を明記。
大学は事実関係を確認中。確認後、学則に基づき処分を検討予定。

2013年8月

●マックスバリュ大在店で鶴崎高校卒業生がアイスケースにダイブして炎上。逮捕
●京都府のコンビニでアイスケースに頭をつっこむ姿を投稿、炎上
●はちすか小六上野本店で「たけみちだりー(p_-)ねかせろよ。」とツイートし、友達と厨房で髪を洗う写真を投稿。未成年飲酒、喫煙、路上露出なども行う
●大阪府藤井寺の高校生がアイスケースに頭を突っ込む画像を投稿
●兵庫県で「ノンタンお空を飛びたいなー」とツイートし、家電量販店の洗濯機に入った写真を投稿で炎上
●「アイスがかってほしそうだったから買ったった」のツイートと冷蔵ケース内のアイスクリームの上に寝転んだ写真投稿で炎上。スーパーマーケットのカスミは、店舗のアイスクリーム類全てを撤去し、ケースの清掃及び消毒を実施したと発表。群馬調理師専門学校が謝罪、該当生徒と撮影した男子生徒(18)は退学処分。店側は被害額を確定させるなどした後、警察に届け出予定
●東京都のピザハットのアルバイト大学生がピザを顔につける姿を写真撮影で炎上
●東京都多摩市の蕎麦屋泰尚のアルバイト従業員が「洗浄機で洗われてきれいになっちゃった」とコメント付きで洗浄機に入る写真を公開、炎上。泰尚が「営業停止」を決定

2013年8月

●「大倉山駅!」とツイートし、神戸市営地下鉄の大倉山駅の線路上で少年らがポーズをとった写真が公開され炎上。高校が確認したところ、2年生の17歳の男子生徒が、携帯電話を取るため線路に立ち入ったと確認。神戸市交通局は警察に相談。高校は2人の生徒を謹慎処分にする
●名古屋のスシローで醤油さしに直接口をつけ、炎上
●「中2病だから」北海道釧路町でパトカーに乗った写真投稿で炎上。逮捕
●「精米所なう」宮城県の高校生が精米機の中に入って撮影で炎上
●大阪市営地下鉄恵美須町駅にて、東播工業高等学校の学生が「人身事故なう」と飛び降りた写真を公開。生徒は自宅謹慎。
●ピザーラの店員がシンクに入ったり冷蔵庫に入っている写真を掲載し炎上。また西友のパンコーナーに上りガッツボーズなどもみつかる。「ピザーラ」を展開するフォーシーズが謝罪。該当店舗は営業停止、消毒実施。アルバイト従業員には「厳正なる処分を行う」高校が謝罪。飲酒、喫煙をしている写真に関しても謝罪。保護者会を開催、指導。
●お好み焼き屋「道とん堀市川鬼高店」で「道頓堀なう」とツイートし、ソース容器を鼻に突っ込んだ写真をアップし炎上。道とん堀が、千葉県内の該当店舗の営業を自粛。ソースとマヨネーズの容器を廃棄。事情を確認した上で今後の対応を検討。
●京都府でサラダバーを置く場所に下から顔を出した画像を投稿し解雇

2013年8月

●神奈川県の東急ストアの店員が勤務中に廃棄商品を口に入れて撮影、炎上
●兵庫県の高校生が「本屋でこんなにくつろいでる奴初めてやww」書店で本の上に寝転がり、読書している友人を撮影して炎上。同じ学生が「鼻から箸が自然に落ちる瞬間ww」とすき家で耳や鼻の穴に箸を突っ込んでいるところを撮影、炎上
●阪急京都線相川駅の路線に侵入して「ボーリング終わったなう」と写真を投稿、炎上。
●東京都の大学生が尻の穴に公園の蛇口突っ込む写真を投稿、炎上
●北海道のはま寿司で醤油さしを咥える男性の写真をアップして炎上
●愛知県のスシローで口に醤油さしを咥える彼氏の写真をアップして炎上
●東京都「飲みに行って、朝マック行ったら人生でやばい経験をした。マクドナルドは一生信用しない。いっきに酔いさめたわ。泣 拡散希望」と朝マックの商品「ソーセージマフィン」のチーズ部分に毛が付着している写真を投稿。「乗っかってる時点で偽装。」「自作自演乙www」と炎上
●北海道札幌市でコインランドリーの乾燥機に入っている画像を掲載し炎上

2013年9月

●白木屋のバイト店員(大学生)がキャベツの葉をくりぬいてマスクを作り、それを顔につけたまま厨房で喫煙。厨房にソファーを持ちこみ、そこに座ってくつろぐなどの写真を投稿し炎上
●三重県のはま寿司でタバコ刺して寿司を流して炎上
●静岡県のサークルKサンクスで「アイスにお辞儀。」とアイスケースにお辞儀して頭をつけている画像がツイートされ炎上。高校の生徒たちは「軽い気持ちでやった。大ごとになるとは思わなかった」とコメント。生徒と保護者、教諭らが同店に謝罪。商品の廃棄などにかかった費用を弁償金として支払った。
●兵庫県で線路に侵入した画像を載せて炎上
●中華料理大手チェーン「餃子の王将」で全裸になった客ら10人がその様子を
公開して問題となった件で、運営元の王将フードサービスは全員を告訴。

2013年9月

●埼玉県で「セブンなう。」と4人の高校生が寝そべった写真を投稿、炎上
●新潟県の高校生が「このアイス3割引きらしいよΣd(゜∀゜d)」とツイートし、アイスケースに入る写真を公開、炎上
●「俺らのサバイバルはレベルがちげーよ。今日は伊勢海老つかまえたわ笑最高」などとツイートし、伊勢海老の密漁写真をアップ。その他、京都伏見稲荷神社で全裸になっている画像などを投稿し炎上。早大人間科学部の学生が関与していたことが判明。厳正に処分
●神戸女学院大学生たちが公衆電話ボックスの中で花火大会で炎上
●スーパーのアイスケースに頭をつける新潟県の女子高生の写真をツイート、炎上
●三重県の高校生がミニストップの冷蔵庫に入った写真をアップし炎上
●東京都で水道の蛇口でお尻洗浄する大学生が発見され炎上
●JR西日本熊取駅の線路に立ち入った画像を載せて炎上

2013年9月

●新潟県で勝手に車庫内に侵入して電車のドアをこじ開けた写真を公開して炎上
●兵庫県神戸市で靴下屋で靴下を下半身に装着して店側が抗議、炎上。「全てのディスプレーを撤去、該当商品の撤去、什器の清掃消毒。法的措置を検討」
●「こんな牛寅いきたくない」とツイートし焼肉チェーン店牛寅(福井県)にて店員が尻を出した写真を公開、炎上。飲酒も発覚。
●北海道札幌市の女子高生が彼氏を連れて女子トイレで記念撮影してる画像をツイッターにアップ。住居(建造物)侵入罪が成立する可能性があると炎上
●ピザーラでバイト店員がネズミ死骸をピザの横に置き記念撮影で炎上。武蔵村山市のピザーラだと確認。営業を停止。「厳重な処分」も含めて検討
●神奈川県横須賀市で「挟まってる。きもい。」とツイートし、ファミリーマートの冷蔵庫扉で挟まっている男性と女性の写真を公開、炎上
●大阪府で「電車にひかれた(笑)」と阪急神戸線園田駅の線路に入る写真を公開、炎上。
●新潟県で「このたまったカルテを今から片付けんよ。まぢ白目。」とツイートし、個人情報であるカルテを晒しているを発見され、炎上。その後、フェイスブックやブログから本人情報が特定される。

2013年9月

●東京都で「線路に侵入」「冷蔵庫に入る」「アイスケースに頭を突っ込む」「電車のつり革にぶら下がる」全てをやっているアカウントが発見され炎上
●愛知県渥美線の線路内に立ち入った写真を投稿、炎上
●埼玉県の高校生が路上でタバコをくわえた全裸の写真を公開、炎上
●高校生が鹿児島本線箱崎駅にて線路に立ち入り写真撮影、炎上。逮捕
●東京都でコインランドリーの洗濯機の中に入る写真を投稿、炎上
●神奈川県の高校生が「本日の収穫」と漫画の万引きをツイート。全裸の写真や、自販機破壊なども投稿し炎上
●神奈川県でアイスケースに頭をつける高校生の写真をツイート、炎上
●山梨県でアイスケースに頭をつける高校生の写真をツイート、炎上

2013年9月
●北海道千歳市で「バイトの社長の付き合いで7時まで飲んでたんでもう限界です。バリバリ飲酒運転できました笑」と未成年で飲酒&飲酒運転をツイート、炎上。バイト先も特定される
●アラフェスに招待された北島康介さんがコンサート中に「アラフェスなう。」とツイートし、嵐ファンからのバッシングで炎上。
●奈良県で「コインランドリーの乾燥機の中、なかなか狭かった」とツイートし、乾燥機の中に入る写真を公開、炎上
●玉木宏さんのクレジットカード番号等を成田空港の土産屋の店員が投稿して炎上。画像を投稿したパート社員女性(19)を懲戒解雇し、画像を撮影した派遣社員女性(23)の派遣契約を解除
●北海道旭川市の高校生がアイスケースに顔をつっこむ写真を投稿
●北海道函館市しまむらの店長代理や社員を土下座させた写真を投稿、炎上。ツイートした女性の個人情報、親族の勤め先などが2ちゃんねるに流出
●宮城県仙台市で友達3人とNEWDAYS船岡店のコインロッカーに入る写真を投稿
●東京都調理師専門学生がスーパーの食材をつぶした写真を笑いながら掲載、炎上

2014年7月
●岐阜駅爆破予告、高2を書類送検「ツイッターで有名になりたかった。フォロワー(読者)を増やしたかった」。
2014年5月
●「僕だってのこぎりで人傷つけて回りたい」「明日授業中人を殺すことを考えている」などと投稿、茨城県警に大学周辺などを警備させ、業務を妨害した疑いで大学2年の男子学生逮捕
2014年2月
●アイドルグループ「仮面女子」「アリス十番」のメンバー・立花あんなさんに対し、Twitterで殺人をほのめかす書き込みを繰り返して33才会社員逮捕。

2015年5月
●東京・浅草の三社祭で小型無人飛行機(ドローン)を飛ばす予告をしたとして、横浜市の無職少年(15)が威力業務妨害容疑で逮捕
2015年2月
●菓子につまようじ混入し動画投稿、偽計業務妨害容疑で少年を逮捕 
2015年1月
●ツイッター上に接客態度悪い女性店員に土下座させ写真をアップ。3人逮捕

ミックスチャンネルという無料10秒動画アプリにキス動画を公開している女子中高生も多いですが、安易にこのような投稿をするモラルに欠ける人だと思われ、就職や結婚に影響が出ることも当然考えられます。このような行為は、人に見せるものではありません。このような人たちは相手を思う気持ちよりも、付き合っていることを自慢したい気持ちが高いと言えます。

ツイッターは、馬鹿発見器、バカッターと呼ばれています。最近はバイト店員の悪質な画像が問題となり、逮捕、業務妨害による損害賠償請求に踏み込む企業が増えています。また悪質なつぶやきや、画像を載せた人は、個人が特定され、ネット上に個人情報がさらされ、誹謗中傷があとをたたず精神的に追い込まれてしまいます。企業の中にも、採用時には、ネットの情報も参考にする企業が増えています。不用意なつぶやきや画像投稿により人生を狂わすことがないように気をつけてほしいです。フェイスブック、ツイッターなどSNSから個人が特定されるケースも珍しくありません。ネットに載せた様々な情報はリンクし、本名を調べあげられ関係者に通報される事があります。ネットに書き込んだ内容や画像は、世界中の人に見られている事を認識しなければいけません。「今、部活の先輩と飲み会から帰る途中です。明日は、学校休みます」「今日は、店員が少なかったから、リップ二本万引き。楽勝!」「今日、学校サボってパチンコ行って大損したぁー!」 このような高校生のつぶやきを見かけることがあります。当然、これらの行為は法律違反で、あっという間に個人が特定され、学校にもクレームの電話が入り、処分を受けることになります。自分のとんでもない行為を世界中に向けて発信してしまう行為からツイッターはバカッターや馬鹿発見器と呼ばれています。また、著名人などの目撃情報をつぶやき炎上しているケースも目立ちます。「芸能人の○○が彼女と店に来たけど、ブスな彼女だった」「合コンに芸能人の○○が参加していた。××の悪口ばかり言っていた」「私がメンバーに加わった会社の新企画の○○は、来週、記者発表だよ」など、他人のプライバシーや、守秘義務をつぶやいてしまうケースも多い。また感情的になり、殺害予告を書き込んでしまったり、誹謗中傷を書き込み、訴えられたり、逮捕されるケースもあります。何気ないツイートにも個人情報を特定できるヒントはたくさんあります。アカウントを消しても、過去のツイートを発見され、拡散が始まれば、あっという間に炎上し、一生消えない傷を背負うことになります。ミックスチャンネルという無料10秒動画アプリにキス動画を公開している女子中高生も多いですが、安易にこのような投稿をするモラルに欠ける人だと思われ、就職や結婚に影響が出ることも当然考えられます。

米メイン州のアウバーン市教育委員会は、iPad利用者と利用していない生徒の学力向上レベルを比較し、iPadは成績向上につながるという結果を出しました。
アウバーン市内の16の幼稚園を調査対象とし、半分の8クラスの各生徒にiPadを支給しました。iPadを導入したクラスと、従来の授業を続けたクラスのそれぞれで、学期開始直後と終了後の学力を測り、両クラスの学力向上率を比較しました。学力の計測には、4種類のリテラシー(英語の読み書き能力)試験が用いられ、そのすべてにおいて、iPad活用クラスの成績向上率が、従来のクラスを上回ったとのことでした。

下記の項目にいくつ当てはまりますか?

1.利き手と逆の手でいつもスマホを使う
2.カバンにはいつも充電器をいれている
3.圏外になると不安になる
4.最近すぐ電池切れになる
5.フィルタリングを設定していない
6.家にスマホを忘れたら必ず取りに帰る
7.ネットで知り合った友人が5人以上いる
8.キー操作ロックを設定している
9.スマホを握ったまま寝ていることがある
10.食事中もスマホを手放さない。
11.歩きながら、自転車に乗りながらスマホを操作する
12.50以上LINEのグループがある
13.毎日3時間以上はスマホを使う
14.自分の部屋でスマホは利用する
15.ネットにつなぎすぎで速度制限がかかっている
16.バイブが振動していないのに、メッセージが来たと勘違いすることがある
17.授業中でも隠れてスマホを使用する
18.お風呂やトイレにもスマホを持ちこむ
19.アプリを50以上インストールしている
20.SNSを毎日必ずチェックする

・0
スマホ依存度0パーセント
・1~2
スマホ依存度10%
・3~4
スマホ依存度20%
・5~6
スマホ依存度30%
・7~8
スマホ依存度40%
・9~10
スマホ依存度50%
・11~12
スマホ依存度60%
・13~14
スマホ依存度70%
・15~16
スマホ依存度80%
※判断力が鈍り感情のコントロールが困難になります。スマホが原因で人間関係に深刻な被害を引き起こすレベルです。
・17~18
スマホ依存度90%
※睡眠不足、視力低下、学力低下、注意力散漫等の被害が出るレベルです。精神的にも不安定になり私生活にも支障をきたします。事件や事故に巻き込まれる可能性もあります。
・19~20
スマホ依存度100パーセント
※禁断症状が出て入院が必要な状態です。うつ病やパニック障害、自律神経失調症などを引き起こすこともあります。人生において取り返しがつかないことをしてしまう可能性もあります。

1.スマホの長時間利用による視力低下
スマホの画面から出るブルーライトを長時間の見ることによって、メラトニンの生成が抑制され、睡眠を妨げます。またブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目が疲れたり、乾燥したり、眼球を痛めてしまいます。ピンとを調節する筋肉が固まって、視力低下にもつながります。また睡眠障害になるとセロトニンという脳内物質が減少し、集中力が低下して、イライラしやすくなります。
2.スマホの長時間利用による集中力低下
Pew Internet ProjectがCollege Board and the National Writing Projectと共同で行った調査によれば、教師2,462人のうちおよそ90%が、デジタルテクノロジーは「集中力の持続時間が短く、注意散漫になりやすい世代」を創り出していると回答しています。またCommon Sense Mediaが教師695人を対象に行った調査では、うち71%が、テクノロジーが生徒達の集中力持続時間に及ぼす悪影響は「ある程度」または「多く」見られると回答しています。うち60%は、生徒達の文章力及び、顔を合わせてのコミュニケーション能力が落ちる原因となっているとし、ほぼ半数の教師は、クリティカルシンキングおよび宿題を終わらせる力にも悪影響していると答えています。(The New York Times記事)。
3.スマホの長時間利用による社会的スキルの低下
アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学教授であるパトリシア・グリーンフィールド博士は「他者の感情を理解する能力の低下」は、スマホやコンピューターの使いすぎによる代償のひとつだと述べています。
しかし、数日間、電子機器の使用を止め、他者とリアルなコミュニケーションを取るようにすれば、社会的スキルが向上するという研究結果も発表されています。
4.体力低下
スマホやゲームにはまっていると、外で遊んだり運動する機会も少なくなり、骨や筋肉の発達にも影響が出て来ます。また体力不足になり、何をやってもすぐに疲れてしまいます。
5.スマホ依存
スマホが使えないと禁断症状が出たり、イライラしやすくなる人が増えています。
依存症になってしまうと、勉強中にも不安に駆られて勉強に集中できなくなり、お風呂やトイレに持ち込んでまで使用するようになってしまいます。食事中もスマホ片手にご飯を食べるようになり家族との会話も次第に無くなっていきます。また自転車に乗りながら使用したり、歩きながら使用することにより事故を起こすケースも増えています。

ベネッセ教育総合研究所では、2014(平成26)年2月~3月に、全国28の中学校・高校の中学1年生~高校2年生9,468人を対象に、ICTの利用実態・意識に関する調査を実施しました。インターネットで知り合った人がいる人(ネット利用者の約4分の1)のうち、直接会った経験のある人の割合は、中学生23.6%、高校生34.7%との結果が出ました。中学生の約4分の1、高校生の約3分1の生徒がネットで知り合った人と実際にあっている計算になります。知り合ったきっかけは、中学生ではLINEなどのグループ、高校生ではツイッターが多くなっているとの結果が出ました。

ネットで知り合い、一度も会ったことがない相手を簡単に信じて会いに行ってしまう子どもたち。性別も年齢もごまかせるネットの世界。ネット上では、いくらでも優しい人を演じることもできるのです。
ネット上では他人の画像を使っているケースも少なくありません。14歳の同級生のイケメンが来ると思いこんでいたら、40代後半の小太りのおじさんが現れ、「息子が急に具合が悪くなり、代わりに迎えに来た。息子の所まで送っていく」と言葉巧みに少女を誘い、車で少女が強姦されました。高校2年の女子生徒がネットで知り合った相手に大量の覚せい剤を打たれ死亡するなどの事件もありました。ネットで知り合った相手に会いに行くことは大変危険な行為で、取り返しがつかないことになることもあるのです。
2012年7月には、LINEを通して知り合った少女(17)に睡眠薬を飲ませて乱暴したとして、 準強姦容疑で 32才の無職男性が逮捕。2014年6月 には、熊本県人吉市の17歳の女子高生がネットで知り合った47歳男性に殺害されました。

人間は、面と向かって話をしていても、信頼関係ができるまでに相当の時間がかかります。
ネット上のやりとりだけで人を信じて会いに行くことがどれほど危険なことか子どもたちはわかっていません。とくに共通の趣味や、同じファンクラブの人を信じて会いに行くケースが多く、強姦されたり、その様子を隠し撮りされて脅されたりするケースもあります。
10代にとって“ネット”と“リアル”の境界線は急速に曖昧なっていると言えます。自分には関係がないと思っている子どもが一番犯罪に巻き込まれやすいと言えます。命は一つです。親や教師がしっかりと子どもたちにブレーキのかけ方を教え、ネットで知り合った人を簡単に会いに行くことを食い止めなければなりません。もし教え子が犯罪に巻き込まれたり、命を落とすことがあれば教師は一生、後悔することになるのです。様々な事例を出しながら、生徒ひとりひとりに考えさせ、生徒の心に響く指導をしていくことが大切です。

ネット上の誹謗中傷は以前よりも減ったように見えますが実は減っていません。監視する側が見つけられなくなっただけです。書き込みの舞台は会員制サイトに移行し、パスワードを設けたり、警察が捜査できないよう海外のサーバーを使ったりするケースもあります。さらにネット監視をすり抜けるために「死ね」なら「Ⅳね」「四ね」「氏ね」「市ね」「タヒね」と隠語を使い、「横浜」なら「木」「黄」「三」「兵」と分割。「神戸」なら「ネ」「神」と分割するなどして検索にヒットしないようにしています。「ネットいじめはより巧妙になり、以前より、悪質化していると言えるでしょう。

■氏ね、四ね、市ね、Ⅳね、Cね、髪ね・・・死ね
■市かと、市価と、氏かと、視かと、歯科と、師かと、詞かと、鹿と、資かと、詩かと、史家と、施かと、四かと、士かと、子かと、詩歌と、Cicaと、志賀と、Ⅳかと、紙かと・・・シカト
■殘古、坐古・・・雑魚、ザコ
■肝い・・・気持ち悪い
■吉外、危地外、既知外、基地外、気違い・・・頭がおかしい
■聖心科池・・・精神科に行け
■池沼・・・知障、知的障害者
■亜歩、安保・・・アホ
■馬と鹿、場仮・・・馬鹿
■米白だな・・・粕

■ジョイント・・・大麻タバコ
■S3・・・覚せい剤3グラム
■ドラあり・・・ドラッグあります
■なこ・・・ヘロイン
■種屋・・・大麻の種を売っている人
■紙あるよ・・・LSDあるよ
■乾燥部しよう・・・ドライブしよう
■金の春、銀の春、青玉・・・ハルシオン(睡眠薬)
■黄色R、黄色い小瓶、ラあります・・・ラッシュ(違法薬物)
■ゴメ・・・ゴメオ(違法薬物)
■青閃光・・・ブルーラッシュ(違法薬物)
■キメ友募集・・・覚せい剤仲間募集
■凄く高純度の奴食べない?・・・高純度の覚せい剤あるよ
■レンコン、かたいのあるよ・・・銃

2ちゃんねるのオクスリ掲示板は警察の捜査が入り撲滅しましたが、いまだに裏2ちゃんねるなどで、隠語を使い薬物が売られています。ネット上で使われている薬物に関わる隠語をまとめておきます。

■クリスタル、氷、雪、アイス、しゃぶしゃぶ、冷たいのあるよ、よく冷えてるよ、ひゃっこいのあるよ、ユキ、ポン、パケ、写部、勝利錠、やせ薬、S、スピード、エス、アン、白の透明SS、サンキスト、まつ、らむね、ASUKA・・・ 覚せい剤    
■揺頭丸、ペケ、お塩、たま、M、 X、 罰・・・MDMA
■ロープ、ローチ、ロール、葉っぱ、草、93、野菜、緑、グラス、ドーブ、スティック、ガンシャ・・・大麻
■P、ポンプ・・・覚せい剤用の注射器
■プッシャー・・・麻薬密売人
■ロック・・・コカイン
■虻、安布里・・・炙りで(覚せい剤の吸引)
■のり塩あるよ・・・覚せい剤と合成麻薬あるよ(酒井典子と押尾学からきている)

■お持ち帰り・・・女の子を自宅に連れてくること
■解放・・・性行為をしぶる女性をうまく説得すること・女性の心を開かせること
■カキタレ・・・性交相手の女性
■キープ・・・性行為をしてから、本気では付き合わないけれども、もったいないから一応取っておこう程度の相手・保留しておく都合の良い相手
■グダ・グダる・・性行為本番寸前になって女性がグダグダとためらうこと
■ケーバン・・・;携帯番号ゲット
■ゴックン・・・口の中に発射された精液を飲み込むこと
■サセ子、準即、ヤリマン、おさせ・・・簡単に性行為させてくれる女性

■YSP・・・ヤリ逃げ
■JS地雷・・・ハズレ女性の総称
■雑食・・どんな容姿の相手とでも性行為すること
■ネナベ・・・ネットおなべ・男性のふりをして書き込む女性
■ハメ撮り・・・性行為を当事者が撮影すること
■ハメる、パコる、打つ、撃つ・・・性行為をする
■番ゲ・・・電話番号をゲットすること
■可食・・・見ただけで性行為できるとわかる女性
■不可食・・・見ただけで性行為できないとわかる女性
■ウテウテ、ヤリチン・・・性行為好きの男性
■絵巻・・・デジタル映像・ハメ撮りのものなど
■オナ見・・・;男性の自慰行為を見るだけの行為

■神待ち少女・・・ご飯や泊めるところを探している家出少女
■神待ち掲示板・・・ご飯や泊めてくれる人を探す家出少女が利用する掲示板
■ヤリ目・・・性行為を目的とした出合い
■キメセク・・・薬物を使用しながら性行為をすること
■飛燕、ひえん、非援、非円、タダマン・・・お金のやり取りなしで性行為すること。
■放流・・・出会い系で知り合って一度は会ったが気に入らなかった女との連絡を取らずに、自然消滅させようとすること
■アンダー・・・18才未満のこと
■JOJO・・処女
■NP・・・ナンパ
■NNP・・・ネットナンパ
■LH、お城・・・ラブホテル
■SNP・・・ストリートナンパ

■ネカマ・・・ネット上で男性が女性のふりをすること
帯代がなくてピンチ・・・援助交際の相手を募集
■応援します、且力けます・・・援助交際をしたい
■パパ欲しい、パパになって、パパ募集・・・愛人契約の定期的な援交希望
■三也296、木黄三兵、ネ申戸・・・池袋、横浜、神戸(待ち合わせ場所)
■乾燥部・・・ドライブ
■車内F・・・車内で口内性交
■即アポ、即会い・・・すぐに会える人
■即ハメ、即ヤリ、即マン・・・援助交際であってすぐに性行為をすること
■即系・・・その日すぐに性行為できそうな女性
■セフレ、ヤリ友、H友、SF・・・性行為をする友達
■リク写・・・リクエストされた裸のポーズを送りお金をもらう
■リクムービー・・・リクエストされた動画を送りお金をもらう

■15本3・・・15歳本番プレー3万円
■穂別、ホ別・・・ホテル代金別
■ゴム付き・ゴ有・ゴ付き・ゴ付・G有り・輪有り・・・コンドームを付けての性行為
■フェ有、口有り・・・口内性交有り
■フェ無・・・口内性交をしない
■中田氏・・・膣内射精可能
■サポート、助けて、ヘルプ、困ってる、意味わかる人、意味解る人、余裕ある人・・・援助交際希望
■割り切り、割切、÷切、*きり・・・お金をもらっての性行為だけの関係を希望
■サシアポ・・・1対1で会う事
■対局・・・性行為
■プチ・・・本番プレーなしで
■ネカマ・・・ネット上で男性が女性のふりをすること

出会い系サイト規制法により、ネット上で未成年を性交等の対象とする書き込みは激減しました。それに代わり、仲間内にだけ通じる隠語を使って児童買春にまつわる書き込みが氾濫しています。
皆さんは次の意味がわかりますか?
■S生、JS、リア消・・・女子小学生
■C生、JC、リア厨・・・女子中学生
■K生、JK、リア工・・・女子高校生
■D生、JD・・・女子大生
■1K、2K、3K、4K、5K・・・千円、2千円、、、、5千円
■TMG・・・電話番号とメルアドをゲットする事
■1米、諭吉、U吉、ゆきち、@1・・・1万円
■苺、苺佐保、差1・5、@1・5、イチゴ・・・1万5000円
■荷、2米、WU吉、@2、2諭吉、諭吉二枚、2ゆきち・・・2万円
■3米、3諭吉、TU吉、差3、@3、諭吉さん・・・3万円
■お米⇒お金
■¥、園、燕、○、/、サボート、助けて、ヘルプ、佐保、差歩、さぽ、サポして、SP、saして、sして、差して、円して、瓜、無道、円光、園校、円口、炎工、¥交、円女・・・援助

児童ポルノ被害②

2016年06月04日
■2013年10月 東京都17歳 高校2年女子 
お金が必要で、ネットで援助交際を求める書き込みをしたら、顔画像や胸の画像、下半身の画像を送ってほしい。タイプだったら、3万円で援助すると持ちかけられ、自撮り画像を送ったら、それ以降、エラーメールで連絡がつかなくなりました。悪用されないか不安です。どうしたら良いですか?学年、年齢は、相談当時のもの。
■2013年11月埼玉県16歳 高校1年女子
SNSで知り合った男性に、自撮り画像を買ってくれると持ちかけられ、複数枚のヌード画像を送ったが、お金は、もらえず、送った画像が素人の画像投稿サイトに
流出。2013年11月に相談があり全国webカウンセリング協議会で対応。学年、年齢は、相談当時のもの。

児童ポルノ被害①

2016年06月03日
全国webカウンセリング協議会に寄せられた相談事例

■2013年7月 東京都 高校1年女子
SNSで北海道の大学生に通う20才のジャニーズ系のイケメンと知り合い恋人になりました。イケメンだったので私は舞い上がっていました。彼は札幌の大学に通いながらバンド活動をしていると言っていました。私は彼のことが好きになってしまい、彼に言われるがまま裸の画像を送ってしまいました。彼は、北海道の札幌に住んでいると言っていました。「今度会わないか、俺、休みがとれるからさ」と彼に誘われました。私は、何とか会いたいのだけれども、北海道まで行くお金がないと言うと、彼から、一日で稼げる仕事があるから紹介すると言われました。私は、とにかく彼に会いたかったので、言われるがまま仕事をしました。その仕事というのが、男を紹介されて、男の相手をするという仕事でした。一日でお金がたまりました。「こんなにお金って稼げるんだね、これだけあれば北海道に行けるでしょ」とSNSで彼に伝えると、「おまえの学校ってこういうことを認めているの?俺、おまえの学校の校長に、おまえが送ってくれた裸の画像とかを送るよ、おまえがやっていることを校長にば
らすよ、いいのか?」と脅されました。私は怖くなって、「とにかくそれだけはやめて、お金は全部払うから」と彼にお願いして、彼にお金を払ってしまいました。それ以降も、彼は、しつこく、「またこういう仕事をやってと」言ってきました。私は、親には絶対に話したくなかったのだけれども、死にたい気持ちになって、どうしていいかわからず、今までの事を全部、母に話しました。彼からもしつこく連絡が来ていたのですが、私は、それを全部無視していたました。そうすると、今度は電話がかかってきました。私は電話に出るのが怖かったので、母がかわりに電話に出ました。「警察に通報しますよ、あなたのやっていることは犯罪ですよと」と電話口で母が彼に言うと、彼は、「警察に通報してもいいぞ、そのかわり、画像をネットに流出させるからな、おまえの子どものやった画像を学校に提出するぞ、おまえの学校はどう判断するだろうな。おまえの子どもの裸の画像が、ネットに流出すると、いろいろな男に見られるんだぞ、それに耐えられるのか」と母親を脅しました。「お金を幾ら用意できるか」と男から言われ、母親は私のために200万円を振り込んでしまいました。父は厳しい人なので、母は父に内緒にしてくれました。これからどうすればよいでしょうか?
(高校1年生の女子と、その母親から全国webカウンセリング協議会に相談が来て対応。対策を話し、脅しは収まっている。画像流出等の被害もない)

「写真袋」・「写真カプセル」は、iPhoneやAndroid端末から使えるアプリで、動画や写真を共有する為のものなのですが、どちらも、画像や動画を合言葉を決めてネット上にアップし、合言葉を知っている人だけがアップしたものをダウンロードできるアプリです。
“ID”を登録するだけで利用でき、秘密のパスワードを設定して写真や動画を投稿。
秘密のパスワードを入力して写真や動画をダウンロードします。投稿してから14日間はサーバーに保存され、投稿者が設定した120時間以内の“無料時間内”は、“秘密のパスワード”を入力するだけで、誰でも閲覧、ダウンロードが可能です。しかしそれ以降は”カギ”が必要になります。この”カギ”はアプリ内で有料(100円)で販売されており、
“カギ”を購入すれば、誰でも閲覧、ダウンロード可能になります。購入金額の15%が投稿者のポイントとなり、ギフト券に交換することができるのです。ポイントを稼ぐために裸の画像や卑猥な動画を投稿する未成年も後を絶たず逮捕者も出ています。
  2014年10月には神奈川県座間市の中3男子(14)が「写真カプセル」で児童ポルノ画像を公開して、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで書類送検されました。少年はパスワードをツイッターで公開、不特定多数の閲覧が可能な状態としていました。アプリは、すでに10万件以上ダウンロードされていました。このように小遣い目当てで未成年によるとみられるわいせつ画像投稿が相次いでいます。

ネット炎上とは?

2016年06月01日
炎上とは、誰かが問題のある書き込みや画像、動画を載せると、コメント欄などに大量の批判コメントが集中して書き込まれ手がつけられなくなり、サーバーコンピューターの動きが遅くなったり、パンクして動かなくなったりすること意味します。また、非難が集中してそのサイトが閉鎖に追い込まれることもあります。問題のある書き込みや画像、動画を載せているサイトは、2ちゃんねる・Twitter等のサイトで話題になり、そのサイトに沢山の人が集まります。またネットニュースなどで取り上げられると野次馬が大量に押し寄せてきて炎上が起こります。