本日 73 人 - 昨日 391 人 - 累計 376931 人

オンラインゲーム依存がもたらす弊害②

オンラインゲームの中には残虐なゲームも多く、続けている子の中には、人を傷つけることに罪悪感がわかない子もいるのです。
1日中部屋にこもり、食事も家族と食べず、現実社会の人間とコミュニケーションも取らず、睡眠不足、昼夜逆転、ドライアイ、眼精疲労、視力低下など、生活・健康状態に悪影響が出てきます。韓国や中国では、10代、20代の人が寝食を忘れゲームに熱中し過労死したケース、オンラインゲームで多額のお金を使い親に叱られ自殺したケースもあります。
オンラインゲームに依存すると、健康状態だけでなく、コミュニケーション能力にも影響が現れます。具体的には、相手の立場が考えられない、相手の言葉を誤解する、すぐに感情的になる、考えていることを言葉で表現できない、人の輪の中に入れない、孤立する など現実社会での人間関係を作るのが難しくなります。

夏休み明けが危ない!LINEいじめに疲弊する子どもたち

RSS