本日 362 人 - 昨日 405 人 - 累計 376829 人

LINEによるいじめ

いじめの風潮は、一対一ではなく集団対一人。LINEはメールよりも短文でのやり取りが多く、行き違いや勘違いからいじめに発展しやすいツールといえます。LINEでは常につながっているため、学校での気詰まりが帰宅しても続きます。
LINE利用を禁止としている学校や時間制限時間をしている学校もありますが、子どもたちは禁止されることにより隠れて使うようになるため、トラブルが起きた時に先生に相談しにくくなることがあります。安易な禁止で、問題解決を図ることはできないのです。

夏休み明けが危ない!LINEいじめに疲弊する子どもたち

RSS