本日 190 人 - 昨日 458 人 - 累計 203861 人

情報モラルの現状と課題④

創意ある多様な工夫が生み出されることが期待されます。LINEでの会話と顔を合わせての会話との違いを理解し、LINEなどが相手に与える影響について考えるなど、インターネット等に起因する心のすれ違いなどを題材とした指導や悪質投稿がいかに周りに迷惑をかけ、自分自身の人生を狂わすかを実際の事例をもとに子どもたちに話し合わせ、作文を書かせる等が考えられます。
教師は学校外でもモラルを守った行動を心がけなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事