本日 92 人 - 昨日 396 人 - 累計 364717 人

LINE絡みの事件15

2013年10月
●LINE無視がきっかけ 殺人未遂で逮捕
通信制高校に通う男子生徒(19)(広島県山県郡)の両足を縛り、川に突き落とすなどして殺害しようとしたとして、 広島県警は3日、友人の少年4人(16~17歳)を殺人未遂容疑で逮捕した。 4人のうち1人が、「LINE」での呼びかけを被害者の男子生徒に無視されたことがきっかけだったという。 発表では、4人は、同じ高校に通う男子生徒(17)(広島県山県郡)、別の高校の男子生徒(16)(広島市安佐北区)、 アルバイト作業員(16)(山県郡)、無職少年(16)(同)。
4人は共謀して9月9日未明、同郡北広島町壬生を流れる江の川の河川敷で、男子生徒に殴る蹴るの暴行。 その後、河川敷のフェンスに元々結ばれていたロープの端で男子生徒の両足首を縛り、フェンスからつるす形で 護岸から約5メートル下の川(水深約2メートル)に突き落とし、男子生徒がはい上がってくると、足首をライターの火であぶり、殺害しようとした疑い。 男子生徒は全身に打撲痕があるほか、やけどは皮膚移植が必要なほどの重傷。

RSS