本日 89 人 - 昨日 396 人 - 累計 364714 人

LINE絡みの事件12

2014年2月
●広島県で部活動でウソの集合場所を伝えられるなど、LINEを通じていじめを受けていた高1の男子生徒が自殺
2014年2月26日、広島県の高校の野球部1年の男子生徒(16)が自殺した。生徒は入学当初から持病やけがのために野球部の練習を休みがちで、他の1年生部員からLINEで「休む本当の理由は何か」などと問いただされていたという。また、部員間のLINEのグループから勝手に退会させられたことがあった。練習試合の際、うその集合場所を伝えられたこともあった。学校はこれらのLINE上のやりとりなどをいじめと判断した。2011年のセンバツに出場した同校野球部は、生徒の自殺以降、練習を自粛している。男子生徒の両親は「これ以上責任を追及する気はないが、いじめは遊び半分のつもりでも、受ける方には重いと分かってほしい」と話した。

RSS