本日 89 人 - 昨日 396 人 - 累計 364714 人

LINE絡みの事件4

●熊本、高1女子生徒がLINEいじめで自殺 
2014年10月22日
熊本県の高校 1 年の女子生徒が2013年 8 月、いじめを受け自殺していた事が2014年10月22日明らかとなった。教育委員会によると女子生徒は、2013年 4 月に入学し、寮に入ったが、LINEで雑用などを押し付けられるなどのトラブルをきっかけに身体的な暴力を示唆する書き込みなどが行われた。女子生徒は保護者に相談し、学校側が話し合いでの解決をするように指導したが、嫌がらせの書き込みが続き、2013年の 8 月 17 日に帰省中の自宅で自殺した。遺書などは無かったという。また、保護者からの刑事告訴を受けた熊本県警は2014年 8 月に同級生を地検へ送検し、家庭裁判所に送致された。
2013年5月、LINEで同級生から風呂や食事の準備などの当番を押し付けられたことに不満を漏らす書き込みをした。その後、両者の関係が悪化してトラブルになった。同級生は、女子生徒の私物を隠したり、携帯電話を無断で使ったりした他、中学校の卒業アルバムに落書きをしたこともあった。LINEには女子生徒を呼び出すために「出てこい」と書いたり、身体に危害を加えることをほのめかす「レスキュー隊を呼んでおけ」と書いたりしていた。女子生徒は「いじめがエスカレートしている」と母親に相談。対応を求められた学校は、生徒同士を話し合わせるなどして両者が和解したと認識していたが、女子生徒は2013年8月17日、夏休みで帰省していた自宅で自殺した。遺書はなかった。遺族がいじめなどの事実関係の確認を求めたことを受け、学校は同月中に校内に調査委員会を設置。教諭や生徒らから聞き取り調査をし、今年9月にまとめた中間報告書で同級生による脅迫めいたLINEの書き込みなどの行為4件をいじめと認定した。記者会見した学校長は「LINEのトラブルについて校内の報告・連絡・相談体制がうまく機能しなかったことを痛切に反省している。自殺に至る状況について今後も必要な調査をし、ご遺族の意向に沿った対応を真摯に継続する。1人で悩み苦しんでいたことに、学校として気付くことができなかったことは、ご遺族に対して心からおわび申し上げます」と話した。

RSS