本日 128 人 - 昨日 354 人 - 累計 181457 人
  • Search

  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
全国webカウンセリング協議会・思春期の子ども対応研修会

更新履歴
最近のお知らせ - 児童ポルノの温床「画像共有アプリ」②
2018年05月21日
“ID”を登録するだけで利用でき、秘密のパスワードを設定して写真や動画を投稿。秘密のパスワードを入力して写真や動画をダウンロードします。投稿してから14日間はサーバーに保存され、投稿者が設定した120時間以内の“無料時間内”は、“秘密のパスワード”を入力するだけで、誰でも閲覧、ダウンロードが可能です。しかし、それ以降は”カギ”が必要になります。この”カギ”はアプリ内で有料(100円)で販売されており、“カギ”を購入...
「写真カプセル」「写真BOX」「写真カプセル」「動画コンテナ」「写真館」は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで使えるアプリで、動画や写真を共有する為のものなのです。どちらも、画像や動画へ合言葉を決めてネット上にアップし、合言葉を知っている人だけがアップしたものをダウンロードすることができるアプリです。
本日は、岡山県勝央中学校で生徒向けの講演会を実施し、 夜は、岡山県勝央公民館で町民の方向けの講演会を実施 しました。皆さん真剣に講演会に耳を傾けてくれました。 充実した1日となりました。
子どもを児童ポルノや児童買春から守る為にも、子どもが使うスマホ、タブレット、ゲーム機、音楽プレイヤーにフィルタリングを設定し、子どもを狙った犯罪者から子どもを守らなければなりません。ただし、フィルタリングは万全ではありません。フィルタリングをかけているからと安心せずに、使用する場所も親の目の届く、リビングに限定し、興味半分で出会い系サイトなどは見ない。ネットで知らない人とやり取りしない。ネット...
SNSで親しくなった“女友達”から、「友情の証に裸の画像を交換しよう」と言われ、相手から女性の裸の画像が送られてきたので信用し、自身の裸の写真を送ったところ、実は相手は男性で交際を迫られるなどのトラブルに発展したケースもあります。送られてきた画像が本人のものであるという保証など全くありません。文字でのやりとりであれば、性別などいくらでもごまかすことができます。裸の画像を送るのが危険なのは当然のことで...